外注ライターの募集を開始!

目安時間 5分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

PR

2日前に外注化を再開しますという宣言をしました。

記事外注のやり方〜ブログの外注化、再開します!

  • 記事作成マニュアルの修正
  • 外注募集文の確認

が済んだので、外注ライターの募集を開始しました。

使うのはCrowdWorks(クラウドワークス)です。

 

目次、表示、非表示

外注ライターの募集を開始

1年ぶりの外注再開です。

まずは、記事ライターの募集をしました。

 

クラウドワークスには2種類の仕事形式があります。

  • プロジェクト
  • タスク

記事作成のお仕事は、プロジェクト形式で募集をしています。

プロジェクト形式は、その都度ライターさんと契約をしてから開始します。

私は毎回こちらを使用しています。

 

タスクは、アンケート回答等の簡単な内容。

契約がいりません。

募集開始後の作業

外注ライターの募集開始後の作業として、下記のことをしました。

  • キーワード・見出し一覧表を用意
  • 予備のキーワード・見出しの用意
  • 継続依頼文の確認
  • ライター業務委託契約書の確認
  • 業務委託契約の依頼文の確認

全てGoogleドキュメントに保存しています。

外注化専用のGoogleアカウントを作成したことで、Googleドキュメントも外注化専用に出来ました。

 

今までは色んな文章を1つのグーグルドキュメントにまとめて保存していたのですが、目的ごとに分けることで管理がしやすいと分かりました。

 

既存のグーグルアカウントを使って、他のドキュメントについても目的別に使い分けをして行きたいと思います。

グーグルドキュメントはスマホからも閲覧・編集可能なので便利ですよ!

 

では、外注ライター募集開始後に用意した書類について、ひとつずつご紹介します。

キーワード・見出し一覧表を用意

実際に記事を書いてもらう際に必要なキーワード・見出し一覧表を用意しました。

外注ライターを2~3人募集する予定なので、3人分です。

 

まずは1記事のみの契約で書いてもらうので、(テストライティングのイメージです)用意した3記事分の見出しの中から、書けそうなものを選んで書いてもらいます。

予備のキーワード・見出しの用意

継続で依頼することになった場合、1ヶ月で書ける記事数を外注さんに決めてもらい、まとめて依頼をする方法を取ります。

継続が決まってからキーワード・見出しを用意するのはかなり慌ただしくなってしまいます。

あらかじめ多めに用意しておきます。

 

今後も継続してこちらは行う予定です。

継続依頼文の確認

継続依頼文は、以前使っていたものをそのまま使います。

毎回使うものなので、コピー&ペーストでサッと文章を送信できるようにGoogleドキュメントに保存しています。

ライター業務委託契約書の確認

こちらは、お世話になっている税理士さんから言われて用意している書類です。

長期で契約する外注さんには、ライター業務委託契約書をお願いしています。

業務委託契約の依頼文の確認

ライター業務委託契約書を依頼する場合、個人情報が必要になります。

  • 住所
  • 氏名
  • メールアドレス

メールアドレスは、電子契約のために必要です。

業務委託契約書の締結が可能かどうか、依頼するための文章です。

 

ちなみに、業務委託契約書の締結自体はクラウドワークスでも認められています。

運営に申請をすることで、個人のメールアドレスのやり取りをクラウドワークス上で行うことができます。

今後の作業予定

外注ライターからの応募があるまでは、予備のキーワード・見出し一覧表の作成を進めたいと思います。

 

外注化に進捗がありましたら、またコチラで報告しますね!

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

おすすめ教材

トモ

トモ

2人の娘がいる30代のママです。 パートで働きながら、ブログで月10万円以上稼いだノウハウを発信しています。 現在、雑記ブログ・特化ブログを1つずつ運営しています。 グーグルアドセンス×アフィリエイトで最高1ヶ月に18万円稼ぎました!

カテゴリー
タグ